IMG_20200823_095606

俺たちは皆仮面ライダー。




◇最終話~ソレゾレの未来図~

前回の続きから。

IMG_20200830_090337

アークとなった滅とアルトは最終決戦を始めます。
其処ら中に刺さった武器を投げ捨てながら次々と戦うのがカッコいいですね…


IMG_20200830_090505

「身勝手な夢、無慈悲の悪意」
「それが人間の本性だ!!」と滅はアルトを圧し…


一方ザイアでは唯阿さんが前回垓から受け取った迅のデバイスを使い、迅の人格だけでも復活させようとしていました。


IMG_20200830_090810

アルトは、自身が悪意に染まっていく心を止められませんでした。だからこそ…


IMG_20200830_090811
IMG_20200830_090715

滅に自身を攻撃させる事により、自分自身の犯した罪を滅の必殺技を受け止めます。
「俺を止められるのはただ一人、お前」という訳ですね…


IMG_20200830_090907

粉々に破壊され、吹き飛ばされるアルト。
滅に何故戦いを止める!?と問われます。


IMG_20200830_091101

IMG_20200830_091103


アルトは最終決戦前、ゼア内で父と会いました。
「本当の強さとは力が強い事ではなく、心の強さだ」とアルトに語る父、其雄。

そしてゼロツードライバーからゼロワンドライバーと謎のホッパーキーが出現し…?


IMG_20200830_092007
IMG_20200830_095748

滅はイズを破壊したという行為を棚にあげアルトが悪いと言い続けますが、それでも迅が犠牲になったのは自分自身のせいだと解っていました。


IMG_20200830_092021

アルトもまた、イズを破壊された身でありながらそれでも尚滅を理解し、信じ続けてあげようと思います。

だって心があるなら、俺たちは「仮面ライダー」だから。

この「仮面ライダー」の定義がゼロワンではきちんと出されていませんが、おそらく心=信念を持つもの達…という意味合いじゃないでしょうか。


IMG_20200830_091749

イニシャライズ!!
リアライジングホッパー!!A riderkick to the sky turns to take off toward a dream(夢に向かって跳べ、ライダーキック)


父から受け取った新しいプログライズキーで変身し、滅の攻撃を受け止めるアルト。

ここにきてアルトの新しいフォームが登場!見た目はゼロワンライジングホッパーと同じですが、キーがゼロツーキーの様に輝いています。

リアライズ=再起、とOPのタイトルがかかっているのでしょうか。
青白い残光はまるで父の一型を思わせます。


IMG_20200830_101010

第一話を再現するかの様な高速戦闘。本当に素晴らしいと思います。
ずっと言ってますがゼロワンは戦闘シーンがもうね映画みたいに派手なんですよね。


IMG_20200830_091958

リアライジングインパクト!!

アルトのライダーキックを受け入れる滅がなんとも。


IMG_20200830_100150

滅は何故自身を破壊しないのか、アルトに問いますが、「もうその必要は無い」だろうと答えるアルト。

お互いの悪意を破壊しつくした結果。人類に限らず、ヒューマギアにだって悪意は産まれる。ただしその産まれた悪意を乗り越える事も出来るんですね。

ここの微笑む滅のシーン、めちゃくちゃ良かったです。滅の俳優さん今回演技上手いなぁ…




…そして。

IMG_20200830_095539

世界は再び元に戻りました。
ヒューマギア達は街にいて、主要な面々も各々の仕事についています。

不破さんは街を守る「仮面ライダー」として。
亡はAIMSの技術顧問に。雷は宇宙飛行士に。そして滅と迅は人類の悪意を影から見守る事に。
復活した迅に「お父さん」と呼ばれ、ニヤッとする滅を見れただけでもう個人的には嬉しいです。


IMG_20200830_093221

一方で飛電インテリジェンスでは新しいヒューマギア「イズ」の起動をしていました。


IMG_20200830_093224

「名前を登録してください」「私の名前はイズです」
アルトはイズと一から共に歩んでいく事に決めます。イズの数々の思い出がアルトに溢れます。

ここは簡単にイズの記憶を戻すとかなく、本当に良かったと思いました。


IMG_20200830_095726

ゼア内で、イズとアルトの二人で「アルトじゃないと!!」で〆。二人の0と1からのスタート、ゼロワンが再び始まります。


最終話、~ソレゾレの未来図~
ゼロワンお疲れ様でした!!!








…ん?

IMG_20200830_092606

アズまだ残ってるじゃないですかぁ!!!

大いなる悪夢が産まれた時再びアークは甦る。アーク=悪意は誰の心にもあるものだと散々ゼロワンでやりましたからね。


IMG_20200830_092608

まさかの伊 藤 英 明
もう最後に「エス」という新キャラクター登場ですよ。

IMG_20200830_092610

仮面ライダーエデン」という謎のライダーに変身!!!この流れはもしや…?


IMG_20200830_095721

続きは12/18劇場へ!!
だと思いましたよもう!!!!






【感想】

心があるからこそ哀しみが産まれ、そしてそれが悪意=アークとなり争いが起こる。
でも心があるからこそそれを乗り越え、そして人類だろうとヒューマギアだろうと、本当の強さ=心の強さを得られるのではないでしょうか。

仮面ライダーゼロワンのテーマの一つは「悪意」だと思いますが、その点に関しては上手く描ききったと思います。


本当に個人的な感想なのですが、AIモノの作品ラストに有りがちな「AIにも人権を」というオチにならなかったのは良かったと思います。

あくまでヒューマギアは便利な道具の延長という扱い。アルトも終始一貫してヒューマギア=夢のマシンという感じだったので、だからこそ最後のイズをまた一から作り直そうといった着地になったんだと思います。

ここで元々のイズを甦えらそうってなったら台無しですからね。
そういう意味では大森Pの言う「今までとは違った最終回になるだろう」という話はまぁ解ります。



…でもアズや滅亡迅雷やらなんやらを続きは劇場で!!ってなったのは中々厳しいかな…とも感じたり。
まぁディケイドみたいに投げっぱなしジャーマンした訳ではなく、あくまでゼロワン内で一区切りつけたのは良いですね。

ゼロワン全体を通した感想で言えば、やはり戦闘シーンの進化が目を見張りますね。毎回劇場版の戦闘シーンみたいなんですよ。

CG技術の進歩が凄いのか、東映がよりコストかけるようになったのかは解りませんが、あくまで仮面ライダーは子供向けの作品なので、やはりかっこよく戦うライダーが見たいですよね。

ストーリーは、やっぱりお仕事五番勝負と垓の話に枠を割きすぎた感は否めませんね…
もう少し早くこのヒューマギアの悪意の話やザイア内部の情勢もやった方が、視聴者側ものめり込めたと思います。
後半の怒涛の展開は毎週楽しみでしたしね。




IMG_20200729_121754

…そして次回からは仮面ライダーセイバーがついに始まります!!

なにやらライダーが10人以上出るとか聞いてワクワク半分、そんなに扱いきれるのかなぁと不安半分な気持ちですね。


といった感想で終わります。
仮面ライダーゼロワンの制作スタッフ及び俳優の皆さん一年間お疲れ様でした!!

終わり。